2023年の振り返り

日記
広告

2023年も最後の日となったので、今年も1年の振り返りをしていきます。

私的にはこの1年は、今までで一番囲碁に対する姿勢を見つめ直して真剣に向き合ってきたと感じています。

岩手県では1月~3月まで県大会が無いオフシーズンなので、4月の岩手王座決定戦から語っていきます。

4月に行われた岩手王座決定戦は岩手県のチャンピオンを決めると同時に、東北六県大会での大将を選抜する大会でもあります。

昨年の東北六県大会では団体優勝を達成しましたが、当時は副将でしかも個人優勝を逃していたので、チームや監督に支えられ運も味方したおかげでギリギリ勝ち取ったものでした。

なので今年こそは大将として出場し、実力で個人&団体優勝を成し遂げたいと思っていました。

AI研究やネット碁などの徹底的な準備や大会1ヶ月前からの禁酒が上手く行き、結果として自分でも完璧と思える内容で優勝することができました。

これにより念願であった大将に就くことができましたが、5月に入った頃より最悪の出来事が起こりました。

最初に異変を感じたのはアマ本因坊戦の地区予選での対局でした。

その対局は相手が大ポカをしてくれたおかげで勝てましたが、どこか変調気味でリズムが狂っていました。

病気と同じく初期症状に気づければまだマシだったかもしれませんが、特に気にすることもなく過ごしていました。

しかし同月に行われたアマ名人戦では全てにおいて手が見えなくなり、決勝では最後に分かりやすい逆転のチャンスがあったにも関わらず逃してしまいました。

この時ようやく異変に気付き翌月のアマ本因坊戦では調整したつもりでしたが、ほとんど変化なく同じ方にひどい負け方をしてしまいました。

この時点で東北六県大会まで1ヶ月を切っていたのでとても焦り、こんな自分が大将を務めていいのかと思い詰めるほど自信を失っていました。

一時は囲碁を見るのも嫌になり、野狐やAIのアプリを削除したり棋書を押し入れに閉まっていました。

ですが岩手を優勝させると公言した以上、そこから逃げてはいけないと自分に言い聞かせました。

そしてこの時初めて自分の囲碁と真剣に向き合おうと決心し、残り少ない時間でも全力で優勝を目指すことにしました。

囲碁に向き合うにあたり一番意識したのは、常に人生最後の一局だと思って対局に臨むことでした。

仮に負けたとしても全力を出し切ることに集中したことで、下手クソながらも徐々に実力を出せるようになってきたことを実感できました。

外柳先生との特訓碁も今みると酷い内容ですが、それでも当時は実力を出し切れた感はありました。

そして迎えた6月24・25日の東北六県大会では不思議と上手く行きそうだと直感していました。

毎日瞑想を取り入れたこともあり、ミスをしたり読めていなかった手を打たれても対局中は常に冷静でいられました。

そして1つずつ勝ち星を重ねていき、大将戦の決勝戦となった4回戦では過去最高の会心譜で完勝することができました。

相手が投了されるまで10分ほど気持ちの整理をしていましたが、この間に私は岩手を優勝させると決意してからの2年間の努力や困難が走馬灯のように蘇ってきました。

5回戦は大将戦優勝が決まったことで浮かれてしまいひどい内容となってしまいましたが、宣言通りに大将戦優勝&団体連覇を達成することができたのは非常に幸運でした。

東北六県大会後の県大会では体調不良と重なったこともあり、岩手県独自大会と岩手棋聖戦挑戦手合では負けてしまいましたが、どちらもやれることはやったので悔いはなかったです。

赤旗名人戦の決勝で運良く大逆転勝ちを決めて全国大会に行くことができたので、ある意味フリカワリということにしておきましょう笑

東北六県大会での優勝だけでもお腹いっぱいでしたが、今年は全国大会でも躍進することができました。

11月11・12日に行われた赤旗名人戦全国大会では、出場4回目にして初めて予選リーグを突破することができました。

1局目を逆転負けで落としたのは残念でしたが、なんとか最低ラインはクリアできて安心しました。

そして本戦トーナメントでは1回戦で10年ほど前の学生チャンピオンである加畑陽一さんと当たり、最悪のクジを引いてしまったと感じました。

ですが一度負けて死んだ身だということで自然体で臨もうとしたのが功を奏し、我ながら良い内容で勝てたのはとても嬉しかったです。

そして2回戦では予選リーグで負けた方にリベンジを果たし、これまでの囲碁人生で初の全国ベスト8を達成しました。

2日目は疲労もあり完敗でしたが、全国でも十分戦えるという自信がついて良い経験となりました。

今年の囲碁の成績は県大会では優勝を逃す機会が多かったですが、東北六県大会と全国大会で結果を残すというフリカワリの激しいものとなりました。

個人的にはこのフリカワリは得でしたが、来年は囲碁の調子と体調管理にも気をつけて大会に臨みたいです。

新年には2024年の抱負も投稿するので、そちらもよかったらご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました